学長メッセージ

About us

‚

「生命の尊重、慈悲・平和」

★HP用 北川前肇先生(160×160).jpg

本学園の創設は、昭和のはじめにさかのぼり、一人一人の心の中に、尊い久遠の五重塔を建てましょう、という仏教理念に基づいて出発いたしました。その五重塔とは、み仏のいのちを安置する建物を指しています。そのことから、本大学は、私たちが生命の尊厳性に目ざめることによって、「生命の尊重、慈悲・平和」を教育の目的として掲げています。つまり、私たちは、久遠の生命を持つ尊い存在として、生きとし生ける他のために、慈悲の心をささげ、安らかな社会、平和な世界実現のための人材育成を大学教育の目標としているのです。

その実現のために、他者との「コミュニケーション(交際)」能力の啓発に力点を置いています。「現代コミュニケーション学科」には「現代コミュニケーション専攻」と「幼児教育専攻」の二つの専攻が設けられています。それらは、個々人に内在する能力に気づき、他者のために自己の能力を発揮できる教養と技術力とを身につけてもらいたいからです。本大学で学ばれる皆さんが、新たな自己を発見し、種々の資格を取得され、社会へ旅立たれるように、私たち教職員は一体となって支援いたします。

学長  北川前肇

 
学長Twitter
上に戻る