財務/事業計画/事業報告/自己点検評価/第三者評価

About us

 

(1)平成31年度事業報告書

1.法人の概要

名称 学校法人 堀之内学園 
理事長 山田教周 (就任日 平成26年 4月 1日)
法人設立月日 昭和 26年 3月 6日
役員数 理事10名(内常勤理事5名)
沿革 堀之内妙法寺により昭和元年12月28日立正高等女学校として創立

設置する学校(令和1年5月1日現在)

学校名 学科等 設置認定日 募集定員 学生生徒総数 専任教員数
東京立正短期大学 現代コミュニケーション学科 昭和41年1月25日 100名 260名 14名
東京立正高等学校 全日制課程 普通科 昭和23年 3月1日 210名 585名 36名
東京立正中学校   昭和22年 4月1日 50名 55名 6名

2.事業の概要

(1)教育計画に係る報告

【短期大学】

短期大学、平成31年度事業計画の達成状況及び課題は以下の通りである。

1. 社会人基礎力の要をなすコミュニケーション能力の育成を図る。
現代コミュニケーション専攻においてはコミュニケーション能力習得の一指標として資格取得に注力しており、前年度比34名増となる延べ241名が資格を取得した。幼児教育専 攻においては、設置基準を超える少人数クラス編成で教育を実施した。

2. 地域を学びの場として学生自身が課題を発見し、その解決策を考え、解決に向かって行動する力を養う。
妙法寺「ふれあい夏祭り」への積極的参加や、東京立正保育園と連携した「保育インターンシップ」を通じ、協働で課題を発見し、解決する能力の涵養を図った。

3. 学生アメニティの改善に取り組み「満足度」を高めた学習環境の構築を目指す。
財政上の制約下において、年度末にノートパソコン20台を購入することができた。また、学長の尽力によってウッドデッキ等老朽化が進む設備の修理を行うことができた。

4. ポートフォリオのデジタル化による学生・教員間の双方向的全人的教育の充実を図る。
財政上の制約下において、新システム導入は断念し、office365および立短ポータル(教育支援システム)を活用し、学生支援を充実させた。

5. 現コミ専攻では、カリキュラムの見直しに着手するとともに、資格取得を促す。
必修・選択科目のバランス是正、心理コース科目の充実を図った。また、幼教科目の履修に向けた学則変更を行った。資格取得に向けては授業外の補習を積極的に実施した。

6. 幼教専攻では、東京立正保育園を組み込んだ教育の在り方を追求する。
東京立正保育園とは定期的な会議を持ち、上記の「保育インターンシップ」に加え、講師派遣などの交流を図った。


【中学・高等学校】

【中高】

【志】生徒たちを必ず幸せにしてみせます

【目標】

1. 文部両道の極みを希求し授業が面白く部活動が楽しい学校
2. 全員レギュラー 補欠は一人もいない学校
3. 挑戦と失敗を応援する学校
4. なぜを追求する学校
5. 教室から世界を変えると挑戦する学校

【具体策】

①チャイムをなくし、時間を自律的に獲得する。
・令和元年度最初からチャイムは廃止した。テスト期間中のチャイムだけは鳴らすことになった。
・生徒の時間に対する意識に変化は見られるが、慣れてくるとだらしない面も見えてくる。

②授業へのアプローチに挑戦する。
・THE授業月間として設定し、全教員が授業改革に挑戦した。詳細は前回会議にて紹介したとおりである。
★別表①「THE授業月間実施結果」参照
・令和2年度からは、教科内でアプローチの方針を決定し、それに従った授業改革に挑戦していく。

③「当たり前」を見直す。
・1日のスケジュールを見直し、約束を守ることができる時間設定に変更した。
8:25始業時間→8:30HR というものを →8:35HRと変更
・1学期の中間考査を進路確認テストと変更し日程や内容を縮小することにした。ただし、高校3年生は別途対応とする。

④生徒獲得構想

〇「日常」=「広報」
・まずは朝の時間の改善が急務。8:25職員朝礼→8:30HRといった無理なスケジュールの中で、先生方はHRに遅れていくのが常習となっていた。これでは、生徒との信頼関係は朝から崩れていくことになります。そこで、打ち合わせ事項は極力ネット上で行うようにし簡略化し、8:30分に教室に間に合う努力ができた。しかし、完全ではないため、令和2年度からは8:35HRと変更する。終業時間に変更は起きない。

〇「引き寄せの法則」
・言葉の扱い方で、プラスにもマイナスにも事態は変わっていくので、広報の場においてはマイナス的な言葉選びしないように慎重にできたとみます。

〇「志」生徒たちを必ず幸せにして見せます
・校長室の解放によって、生徒たちの考えや願いを聞くことができた。年間来室者は200名に迫っている。そこからヒントを得て、授業改善・校則の解釈・生徒の自立等に役立つことがあった。全教職員・学校全体としての評価は難しい。
・毎週月曜日瞑想の時間に校長が全生徒・教員に話す機会があることによって、ものの考え方の方向を示すことができていた。

〇説明会とは「出会いと感動」
・説明会の構成・弁士・会場設営等全てにおいて、改革または改善できている。しかしそれがそのまま来場者数の増加につながるものではない。
・駅の出口対応での感動を、来場者から伝えられたことも。机の並べ方、資料の置き方、弁士のリハーサル、弁士の立ち位置、司会の役割(高校説明会では生徒が司会)、誰に向かって話しているかの確認等々を実践できた。
・これによって定着率が向上することは想定の範囲である。

〇在校生データ・塾データの整理と積極的利用
・在校生の通っていた塾のデータが未整備の状態であった。年度内に整理ができ説明会に役立てることができた。今後は塾訪問で貢献できるデータとなる。

〇中学入試については、高校外部受験容認による認知力とターゲットの拡大
・多くの私塾に影響力のある、東京都私塾連盟理事の方から絶賛を受ける。また、今年の受験生(入学生)に中にも、高校外部受験ができるので、東京立正中学校に決めたというケースがある。

〇中学・高校の入学試験改善
(中学)
・日程については、最終回を2月13日とした。これによって、適性検査型入試の受験生を一人でも獲得したいという狙いがある。
・入試については、適性検査型入試の導入・思考力入試の廃止・AO入試での奨学生判定導入・面接試験廃止(AO入試のみ実施)
(高校)
・9科、3科判定に加えて5科判定を取り入れた。

〇部活動ネットーワークの活用 ★別表②「2019年度→2020年度高校入試運動部比較」参照
・中学はバレー部とソフトボール部の奨学生として25名獲得したが、高校受験の部活動データは有効に使えなかった。昨年高校受験生コンタクト者の中で多い部活動上位は「サッカー部・バスケットボール部・バレーボール部・・」。  

〇外部模試会場校(首都圏模試・W模擬・四谷大塚)
・上記3つの模試を学内で実施。令和2年度はV模擬も受け入れることになっている。
・中学入試の首都圏模試と四谷大塚では保護者会も行い、よい感触を得ることができた。

〇地域交流
・いままで築いてきた地域交流は継続できた。
・新たに、高円寺阿波踊りへのボランティア40超が参加となった。
・地元小学校へ校長が訪問

〇SNSの活用
・LINEからは発信しているが、You-tubeやTwitterやInstagramには対応していない。令和2年度はTwitterも開設している。
〇ホームページ・パンフレットの質向上
・ホームページの更新頻度は明らかに向上している。また、教育業界のホームページで本校が取り上げられ、そのリンクを本校のホームページ貼ることも多くなった。
・令和元年度のパンフレットは基本的に構成を変えずに内容を変えた。令和2年度パンフレットの作成を昨年度中から始めているが、今回は構成を変え、バーコードでホームページに飛ばすような工夫も取り入れた。

〇広報範囲の拡大
・塾訪問・中学訪問という活動範囲は広げていないが、塾へのご案内の範囲は40倍または100倍に変更した。


【保育園】

<目標>
保育園生活の中で子どもたちが人間として誇りの感情(自己肯定感)をもって生活していけるよう保育士は使命感をもって保育にあたる。

1. 職員一人ひとりの役割と責任を明確にすることで主体性と連携の兆しが見えてきた。
運営機構図を作成し、全員が会議、係に配属して立正保育園の構成員である事を明確にした。
*クラス運営責任者-教材室管理係-行事担当係-防災担当係-装飾担当係
*職員会議-事務所会議-チ-フ会議-担任会議-調理会議-フリ-会議
*研修会参加で職員のスキルアップが図られた。
(アレルギ-児の対応、気になる子どもの捉え方、保育環境づくり、年齢発達の学習)
*「自己肯定感」を育てる保育の事例研修(全クラスの事例)
*職員会議にて{六波羅蜜}の講義を受け、講義内容を元にクラスの事例を持ち寄り話し合う。

2. 保護者との連携
・保護者会5月-1年間の保育の進め方、子どもの対応で悩んでいることの懇談
11月-保育参加-親子で年齢に応じた内容で保育に参加(0,1歳散歩
2歳は木の実で楽器を作ろう、3歳-ふりかけづくり4歳-うどんづくり)
2月-1年間のまとめ-子ども達の成長を一緒に確認する、進級にむけて
保護者と懇談-「パンツへの以降について」「自我の芽生えについて」
*今年度11月「保育参加」を位置づけたことで保護者より「集団での子どもの姿は勿論のこと、こんなにじっくり遊びことが出来たり、物事に集中することができるとは思わなかった、是非、続けてほしい」と、感想が述べられました。

3. 宗教的情操教育の取り組み
「みんな仏の子」の学習-「子どもと学び、こどもから学ぶ保育者」、「子どもの成長を点でなく線でとらえる保育者」、「子どもが自ら育つ事を大切にする保育者」、「専門性をもった保育者」、「内なる世界を読み取る保育者」、多面的に子どもを見る保育者たちの連携」、「ゆとりのある保育計画の作成」、「いのちの大切さを伝えられる保育者」、「保護者に支えられる保育者」
*学んだ中から1つ目標にして保育実践にして欲しいと学習しましたが結論は?
*職員会議で「六波羅蜜」の講義を受け、クラス全体で事例を提出、検討しました。
4月-「花まつり」3,4歳クラスで行う。(初めてのことで新鮮でした。)
5月7日-お釈迦様の絵を掲示-(「散歩行ってきます」飾ったころ反応していたが?)
12月- 「 成道会 」に参加(妙法寺本堂)普段とは違う立ち居振る舞い

4. 短大との連携
・4月5日-打ち合わせ会議「今年度の計画」
・乳幼児期の室内環境-5月17日-(福田幼児教育教員と学生さんが来園、見学)
・幼児の造形活動- 6月19日、7月24日-(小川幼児教育教員と学生さん)
・授業「子どもの行為から育ちを捉える」(鈴木幼児教育教員の授業を保育士が受ける)
6月25日(3名)7月9日(3名)7月23日(3名)
・音楽-長坂先生と音遊び-第1、第3水曜日10時~11時
・3,4歳児の遊具の検討-(前島幼児教育教員と学生7人)12月6日
・3歳、4歳クラス担任と遊具の検討-12月9日(前島幼児教育教員と生徒、3、4歳担任)
学生さんと子どもたちの交流-12月23、24日(11名)
・手作り遊具持参にて来園-1月10日(3,4歳クラスで遊ぶ)
・実習生-11月、2月来園-5名-実習ノ-トの書き方、子どもの捉え方を保育士より学んでいた。

5. 運営委員会
-目的-「すこやかな子どもを育て、より良い保育園を目指す」ことを目的として、保護者、見識を持った方等のご意見を頂き、検討していく委員会です。
・6月26日-「園事報告」「決算報告」「東京都指導監査報告」「宗教的情操教育について」「第三者評価」の説明
・11月13日-運動会の報告と保護者の感想、「六波羅蜜」の事例を元に質疑応答
(実践発表はとても良い、保育指針もおさえた内容を今後報告してほしい)
園として、公式ビデオを考えてほしい、生活発表会、お楽しみ会など柔軟性を持たせた形でのとりくみを考えてほしい)保護者の意見
・今井区議より「保育料の無償化について」説明を受けました。

 

(2)人事に係る報告

法人事務長が2名続けて退任する予定外の事態となったが、短大事務長が法人事務長を兼務して業務を行った。私学法の改正で監事の要件が厳格化されたことに伴い、望月監事が退任し、大髙隆史氏が就任した。各校・園の教員職員の人事計画は、予定通り実施した。

 

(3)施設設備計画に係る報告

経年劣化が目立つ食堂空調装置を交換し、第二体育館の水銀灯の交換を行った。短大では劣化が激しく危険になっていた学生ホール前ウッドデッキを北川学長の寄付により新装した。施設設備ではないが、懸案であったPCB廃棄物処理を半分弱程度実施した。

 

(4)法人運営

1. 「100周年準備委員会で、現状では校舎等の適時の建て替えは困難であるとの認識にいたった。そこで、100周年に向けて、教育方針の根本的な見直し、学園のブランドの確立により、安定した生徒数の確保を目指す。」は、短大については、学生に対するきめ細やかな支援という伝統がブランド化される可能性があると信じられ、中高については、校長のリーダーシップを1年目から発揮しているところであり、保育園については、自己肯定感、生命の尊重・慈悲・平和の精神を育むというブランドが職員・ご父兄の反応からも作られつつあると感じられる。

2. アクティブラーニングのための「教育改革は教員改革であること」を全教職員が自覚した上での、常に進歩できる新たなシステム作りを施設校に呼びかけ続けたが、効果はまだ不明である。

3. すべてにおいて量の問題と同等に質の問題を考えることを呼びかけたところ、一部ではあるが浸透し始めている。

4. 保育園が開園2年目についても、引き続き経営収支の黒字体質の確立に向けて創意工夫した結果、学校法人経営の理想である10%を超える収支差額となり、建学の精神を踏まえた確かな宗教的情操教育及び躾指導を推進するとともに、乳児幼児のアクティブラーニングのための環境整備ができた。

5. 本部は、保育園の経営が新たに加わり、その重要性が増してきたことから、通常の学園と同じレベルで本部が機能できるように、本部事務局を開設して、人員も充実し、組織的活動も始まった。

6. 施設校との協働により、時代の変化に即した各種規定類の順次見直し・再整備を進めるために、弁護士を顧問としての規定見直しが始まった。

7. 全ての施設校において、パソコン(通信機器)の設置改良に取り組んだ。

以上

 

(2)財務諸表

財務諸表

 

(3)監査報告書

監査報告書

 

(4)自己点検評価報告書

自己点検評価報告書(PDF掲載)

 

(5)認証評価結果

東京立正短期大学は、2017年度、(財)短期大学基準協会による認証評価を受け、短期大学評価基準を満たしているため、適格と認定されました。

mark.png

第三者評価認証評価結果(PDF掲載)

 

(6)事業計画

令和2年度事業計画書(PDF掲載)

東京立正短期大学中期計画(PDF掲載)

理事名簿(PDF掲載)

 

(7)財産目録

財産目録(PDF掲載)

 

(8)堀之内学園 寄附行為

寄附行為(PDF掲載)

 

上に戻る